インクジェットプリンターはメンテナンスが大事|長く使い続ける為に
男性

インクジェットプリンターはメンテナンスが大事|長く使い続ける為に

ビジネスに欠かせません

印刷機

コピー機をリースする企業は非常に多くなってきています。リースには様々なメリットがありますから、今後も利用企業は多くなっていく事が考えられます。リース業者も多数ありますから、まずはどれくらいのコストがかかるのかを、確認してみましょう。

View Detail

業務の必需品を導入する

コピー機

1台の複合機を導入するだけで、紙に関する業務は全てこなせるようになります。しかし、複合機の販売価格は高いため、初期投資額の大きさだけが問題です。その問題を解消するには、中古の複合機を探してみるのが有効です。

View Detail

印刷にかかるコストを知る

プリンター

プリンターにはインクジェット式とレーザー式があります。前者は初期費用が安いですが、目詰まりなどで、ランニングコストがかかります。その費用を抑える選択肢として、目詰まりの心配が少ない高品質の互換インクが挙げられます。

View Detail

メンテナンスを怠らない

キーボードのプリントマーク

コスト削減のリスク

インクジェットプリンターには、インクカートリッジが必要になります。インクジェットプリンターは画質が勝負です。そのため色数を多くし、できる限り鮮明な印刷をできるように工夫しているのです。インクの数は少なくても4色、多ければ6色や8色を使用することも多くなっています。印刷は黒を多く使用しますが、カラーで印刷する場合、黒を表現する際にも他の色を使用します。そのためどの色も多く減少するのです。そして純正のインクカートリッジは価格が高く、コストがかかるデメリットがあります。そのためコスト削減のために互換性のある純正品以外のものを使用する事もあります。このような互換性インクは高品質になっているものが多いため、広告用のチラシで使用しても問題ないようです。

定期的なクリーニング

純正品以外のものを使用すると目詰まりなどをおこすことがあります。純正の保証が適用にならない場合もありますので使用する時には注意が必要になります。またインクジェットプリンターは常に使用している場合には問題なのですが、たまにしか利用しない場合、固まってしまうことによる目詰まりにも注意しなければなりません目詰まりを防止するには、クリーニングを定期的に実施することが大事です。最近の機種には自動でクリーニングする機能が付いてます。作動させるだけでヘッドクリーニングを自動で行うのです。インクを多少消耗することになりますが、一か月に一回は行う事が必要です。また、経費を節約したい方はネット通販でまとめ買いするのがおすすめです。