印刷にかかるコストを知る|インクジェットプリンターはメンテナンスが大事|長く使い続ける為に
レディー

インクジェットプリンターはメンテナンスが大事|長く使い続ける為に

印刷にかかるコストを知る

プリンター

印刷機の機種の特徴を知る

ほとんど全ての家庭や職場にプリンターが普及しました。プリンターには、大きく分けてインクジェットプリンターとレーザープリンターの二種類があります。インクジェット式は、比較的安価なので、家庭用として人気がありますが、長時間使わなかったり、純正インクを使用しない場合に目詰まりを起こすことがあります。一方で、レーザープリンターは、本体は高価ですが、目詰まりの心配はありません。大量に印刷をする家庭や職場に支持されています。長い目で見れば、最初に必要なイニシャルコストが安いのがインクジェットで、維持費(ランニングコスト)が安いのがレーザープリンターです。また、光沢紙に写真を印刷するような場合は、インクジェットのほうが向いています。

ランニングコストを下げる

インクジェットプリンターで目詰まりを起こすと、クリーニングを行なったり、インクカートリッジを交換する必要が出てくるので、ランニングコストがかかります。とはいっても、高い純正品ではなく、安い互換インクを使用すると、より目詰まりの頻度は高くなります。最悪の場合、プリンターの修理や買直しが必要になってきます。しかし、互換インクでも、最近は一年間の品質保証がついていたり、ISOを取得している工場で生産された、高品質の互換インクが販売されるようになりました。そのような互換インクでは、目詰まりの頻度は低くなります。例えば、純正インクのかわりに、五回互換インクを使用すれば、新しいプリンターが買えるほどコストが削減できるのであれば、十分選択肢に入ります。